休憩室テスト

実験的に、ハレパネに印刷物を貼ってどの様になるかのテストです。

・写真は、アスクル ハレパネのり付パネル 厚さ7mm B0(1500×1050mm)ですが、現在このサイズの取り扱いは無いようです。

・近いサイズは、A0(1200×900mm)10枚20,837円

・ 3×6判(1820×910mm)、10枚35,028円です

板の画像を紙に印刷してコールドラミネートしたところです。

余白を切り落としました。

ハレパネに空気が入らない様に貼っていきます。

ハレパネの余白を切り落とし、立てかけたところです。

デザインの休憩室の一角です。

先ほどのハレパネを立てかけてみました。

とりあえず剥がせる両面テープで仮止めしたところです。

ハレパネの裁断面が白く見栄えが悪いです。

100均で購入した板材です。400×12×60mm、1枚100円です。ホームセンターであれば、もっと良いものがあると思います。

裁断面を誤魔化すために上に貼り付けます。

100均で購入した補修テープです。

塗料で塗るのが理想ですが、時間がないので先ほどの板材に補修テープを貼ってみます。

3つ並べました。

アップにしたところです。

ハレパネ同士の繋ぎ目も白く目立つので誤魔化します。

真っ直ぐに裁断しなければなりませんが、ハレパネ同士の繋ぎ目も誤魔化しやすくなります。

別の方法として、配線カバーを使用してみました。

以前購入した配線カバーです。

アップにしたところです。

ハレパネ同士の繋ぎ目に使うとこんな感じです。

ハレパネ同士のところに配線カバーを。上に板材を貼り付けてみました。

若干段差ができてしまいましたが、アップにしたところです。

ちなみに、上に乗せるとこんな感じです。両面テープで仮止めしています。

配線カバーだとこんな感じです。

絵を飾ってみました。A3の額は200円です。

それぞれ、加工した部分だけアップにした写真です。

ビフォアーアフターです。

他にもリメイクシートなども売っていましたので、印刷するよりも品質が良いかもしれません。

こちらも木目のリメイクシートです。他にもレンガ調のもありました。

以上です。ご参考になるかわかりませんが、よろしくお願いいたします。